2018
06.27

テーマ朗読会

Category: 朗読会
6月から、毎月1回、テーマを決めて朗読会を行うことにしました!

第1回は、『旅』です。
参加者がそれぞれ旅にまつわる本を持ち寄って、朗読します。
旅についてのエッセイ、小説、など・・・。
読んだ後で、お互いに感想を述べあったり、旅についての思い出話など、雑談を楽しむという趣向です。

一人あたりの朗読の時間もたっぷり取れて、おしゃべりも弾むのは、6人ぐらいまででしょうかねー。
しばらくは6人を上限に、親睦を兼ねて、少人数で開催してみようと思います。

今回は、私を含め5人参加。
うっかり写真とメモを取り忘れたのですが、みなさんとっても多彩な旅の本を読まれました。

私が読んだのは、角田光代著『いつも旅のなか』から『The Border』。
フィンランドからロシアに入国する列車内での出来事を描いたエッセイ。
ロシアのお国柄が分かる、怖くも(?)笑える実話です。

ギリギリになって作品を決めたので、あまり読み込んでおらず、あろうことか何度か噛んじゃいました・・・。
スミマセン!!
やはり、人に聞いてもらうからには、せめて噛まないようにしなくては!
噛むと、そこで物語に入り込んでいた意識が断ち切られ、現実に引き戻されちゃうんですよね~。
朗読では、まず噛まないことを心掛けなくてはいけません。
あ、他人事ではないですね・・・自分のことです・・・ハイ(^_^;)☆!

次回のテーマは『食べ物』。
みんながどんな話を選んで来るか楽しみです。
ちなみに私は・・・ちょっとシリアスなものを読もうかなと思っています♪

もがも家の定期イベントとして定着するといいなあ。



スポンサーサイト



Comment:0
2018
06.20

株主総会ナレーション

Category: 仕事
少し前ですが、株主総会のナレーションをやりました。
株主総会のナレーションは、他のナレーションと比較して、難しい点、やりやすい点の両方があります。

まず難しい点は、やっぱり専門用語でしょう!
どこで息継ぎしていいのか息継ぎポイント皆無の、ワンセンテンスがやたら長くて複雑な文章と、そこに散りばめられた漢字ばかりの舌を噛みそうな単語のオンパレード!

「・・・これに工事負担金等受入額及び金銭の信託売却益などの特別利益と固定資産圧縮損および災害損失引当金繰入額などの特別損失を加減しますと、税金等調整前当期純利益は○億円となりました。これに法人税、法人税等調整額及び少数株主利益等を加味した親会社株主に帰属する当期純利益は・・・」

と、延々とこの調子で続くのです!
これをスラスラと淀みなく読まなければいけないのですよ!

これは慣れが必要です。
演技力は要らないけれど、瞬時に漢字の正確な読みを判断する「目」と、何が書かれてあってどう文章が繋がっているのか理解する「脳」、そして淀みなく正確に発音する「滑舌の良さ」が必要になります。

そして、一定の調子(声の高さやスピード)を維持しつつ、20分ぐらいまったく同じようにしゃべり続けなければならないのです。
これも難しい点です。

が、やりやすい点もあります。
それは、難しい点と同じく、やっぱり専門用語!
慣れてしまえば、決まりきった専門用語というのは自然に口を突いて出てくるようになります。
・・・そこまで慣れるのが大変なんですけどね(笑)!

いずれにしても、こういうナレーションは向き不向きがありますね。
以前所属していた東京の事務所では、株主総会のナレーションをよくやっているナレーターとそうでないナレーターといました。
私も、割とこの手のお仕事をいただいていた方です。
その代わり、演技力を必要とする声優のお仕事はすごーーーく少なかったです(笑)。
一応、「声優・ナレーター」と名乗ってはいますけどね(笑)!

株主総会ナレーションは、株主様に企業の業績を報告する重要なお仕事。
これからも、真摯に、心を込めて、企業イメージアップに繋がるようなナレーションを心掛けていきます!
目指せ!顧客満足度100点(笑)!



Comment:0
2018
06.11

つばめの季節

Category: 日常
商店街につばめの姿が見られる季節になりました。
歩いていると、上の方からピイピイと元気の良い声がします。
親鳥は大忙し。大変そう!
この辺だとどんなエサを運んでるのかなぁ?
たくさんの温かい目に見守られて、無事に育ってね!

つばめ1
つばめ2
つばめ3
つばめ4



Comment:0
2018
06.06

下関の常識

Category: 日常
某デパート地下の食品売り場での出来事。
私がレジ前でフォーク並びをしていたら、スッと私の脇を通り抜けて、左のレジにサッサと行ってしまった高齢女性がいました。

ちょっとオバサン!!私、並んでるんですけど!?

なぜ、私の後ろに並ばないのか。
フォーク並びを知らないのか。
それは、高齢だから?それとも下関だから?

両方のような気がしますが、特に「下関だから」かもしれない・・・。

なぜなら、真ん中に立っている私を無視して、後から来た人がどんどん勝手に右や左のレジに行ったりしていたから。
私はAとBのレジの真ん中に立っている邪魔な人!?
何してるんだろう、この人こんなところに立って。
と、そう思っていたのでしょうか?

そして、いままで休止中だったCのレジが開いた途端、後から来た人たちは私に遠慮することなくサーッとそちらへ。
驚いたことにレジ打ちの店員さんは何も言わず、そのお客さんたちに対応しているじゃないですか。
普通、後から来たお客さんを制して、

「お先にお並びのお客様からどうぞー!」

って言いません?
先に並んでた人を優先するという意識がないのに心底驚きました。
日本全国、どこでも常識だと思っていたのに。
下関だけ例外?

下関ではフォーク並びも、優先順位も通用しないんですね。
ちょっとショックな出来事でした。



Comment:0
2018
06.03

豆の季節

Category: 食べ物
最近見かけてびっくりした豆が二つ。

一つは、ツタンカーメン豆!
鞘が黒く、中は鮮やかなグリーンの豆。
この対比が美しい~~~!
東京では見たことなかったです。

ツタンカーメン豆


そしてもう一つは、赤豆。
袋には手書きで「赤豆」と書いてあったけど、ネットで検索したら「赤豆」よりも「赤そら豆」という表記の方が多く、こちらの方が一般的?みたいですね。
こちらは普通のそら豆と同じ姿ですが、サイズが小さいです。
そして鞘が緑、中はなんと・・・赤(茶色)!
こちらも色の対比が美しい~~~!

赤そら豆

両方とも豆ごはんにしていただきました。

それにしても、下関って珍しい豆が多いんですね!
いや、私が東京でこれまで何を見てたんだって話かもしれないけど(^_^;)☆



Comment:0
back-to-top