2018
03.28

菊栗菊栗三菊栗

Category: 朗読教室
ようやくカ行に突入!
カ行、めちゃくちゃ難しいです。
みんなが必ず噛みまくっているのが、菊栗菊栗三菊栗合わせて菊栗六菊栗(きくくりきくくりみきくくりあわせてきくくりむきくくり)です。
そして、人にもよりますが(←私のこと)、これよりさらに難しいのが、菊桐菊桐三菊桐合わせて菊桐六菊桐(きくきりきくきりみきくきりあわせてきくきりむきくきり)です。
スラスラと言えた生徒さんは一人だけ!
しかもなんと教室最年長!
素晴らしい滑舌!
若者よ~~~、どうした~~~(笑)!!



スポンサーサイト



Comment:0
2018
03.26

体感朗読会『お話の玉手箱』

Category: イベント参加
告知です!
ご縁があって、もがも家初の、朗読イベントをやることになりました!
体感朗読会「お話の玉手箱」です。

子ども向けの本を読みますが、「読み聞かせ」ではなく、「朗読」です。
「読み聞かせ」と「朗読」の違いをご説明すると。

読み聞かせは、絵本を見せながら読むので、主役は「絵本」。
読む人の声はいわばテレビの副音声のようなもの。添え物です。

対して「朗読」は、絵も本も見せないので、読む人が主役。
読む人のフィルターを通して、読む人の意図により構築された世界を聞いてもらいます。

今回のイベントでは、朗読、それも、朗読劇に近いものをやります。
読む人も、衣装をつけたり、マイムを入れたりして、見ていて楽しい舞台にする予定です。

内容は子ども向けと書きましたが、大人が見ても十分楽しい工夫を凝らしています。
小さなお子さんから、お父さんお母さん世代、さらにはおじいちゃんおばあちゃん世代まで、どの世代が見てもきっと喜んでもらえる"仕掛け"を、それぞれご用意しています。
体感という言葉が示している通り、観客のみなさんも一緒に物語の世界に入って楽しんでもらおうという、参加型の朗読会です。

もし、お時間がありましたら、そしてご興味がありましたら、ぜひぜひ見にいらしてください!
入園料(大人200円、小中学生100円)は必要ですが、イベントそのものは無料です!
もがも家一同、初の大きなイベントに緊張しておりますが、頑張って練習中ですよ~!
みなさんと楽しい時間を共有したいです!
お待ちしていまーす♪

体感朗読会「お話の玉手箱」
日時:2018年4月8日(日)13:00~14:40
場所:諸事情あり、ここにはハッキリ書けませんが、こちらです↓(地図あり)
http://s-kanrikousha.com/teientop.html



Comment:0
2018
03.20

学校司書研修会

Category: 講義
普段からお世話になっている中学校司書の先生のお手伝いをしてきました。
学校司書研修会での発表です。
最初はよく理解できなかったのですが、どうやら、地域の大人として、学校司書の先生と連携を取り、どう学校図書室を利用し、生徒の学習や生活に役立てるか・・・ということを、ナレーターという立場で考えてその意見を述べるということらしいです。

う~~~ん、すごく難しかったです!

それでも私なりに考えて、意見をまとめ、チラシ風の原稿まで作って準備しておいたのですが、肝心の発表の"練習"を怠っていました。
おかげで、当日はしどろもどろ。
考えていたこと、言いたかったことの半分もしゃべれません(´;ω;`)
あろうことか、妙な沈黙時間が何度か・・・。
ラジオだったら完全に放送事故。
手伝うどころか、足を引っ張るような発表になってしまいました(>_<)

先生、すみません(土下座)!!

どんなことでも、ちゃんと準備・練習しておくことが重要ですね。
後悔だらけの後味の悪~~~い経験となってしまいました・・・。

実は、前回のブログと前後しています。
この事件(?)があったため、性根を入れ替えて、万全の準備をして職業講話に臨んだのでした。



Comment:0
2018
03.18

声優に興味のある中学生のみなさんに向けて

Category: 講義
日記が遅くなりましたが、昨年も依頼のあった、中学校の「職業講話」に、講師として行ってきました。
生徒の職業観や勤労観を育て、将来の進路選択の能力を培う、進路学習の一環だそうです。
声優という特殊な職業が、現実的に参考になるかどうかは謎だけど、世の中の変わった(?)職業を紹介するのも視野が広がっていいのかもしれませんね。

昨年は、どうやったら声優になれるのか、「この仕事につくための道筋」の話で時間いっぱい使ってしまい、他の話ができませんでした。
その反省を生かして、今年はバランス良く、

「この仕事についた動機」
「この仕事のやりがい・面白さ・苦労・喜び」
「今、中学校生活で必要なこと」

をすべて網羅してみました。
自分では、去年と比べてですが、うまく話がまとめられたと思っています。

が、後日送られてきた生徒さんたちの感想アンケートを見ると、今年は反応がイマイチでした・・・(´・_・`)
去年の方が感想が多かったのは何故(笑)?

でもまぁ、自分としては、今話せうる限りの話をそれなりにきちんとまとめて話せたと思っているので悔いはありません。
アンケートという形でははっきり表れなかったけど、生徒さんたちの胸に何かしら残るものがあったら幸いです。


[m:74]
Comment:0
2018
03.05

鼻濁音

Category: 朗読教室
朗読教室では、母音の無声化に続いて鼻濁音も勉強しています。
これも、山口県にはない発音なので、みなさん苦労しています。
コツさえつかめば、母音の無声化よりは簡単なのですが、まずそのコツをつかむのが難しいようで・・・。
でも、慣れたら出来るようになるのでは、と期待しています。
いや、別に出来なくてもいいんですけどね、プロを目指してるわけではないんだし。
でも、滑舌練習でガ行濁音と鼻濁音が入り交じったテキストなんかもあるので、この二つを区別して発音しなければ練習にならないんですよ。
みなさん、脳トレと思って頑張って~~~(^o^;)/!



Comment:0
back-to-top