2017
12.29

良いお年を

Category: 日常
今年も残り僅か。
この一年を振り返ってみると、プライベートでも仕事でも、いろんなことが起きた一年でした。

一番は、なんといっても、春に朗読教室を始めたことです!
途中で生徒さんが立て続けに辞めて凹んだりもしましたけど、現在またぼちぼちと人が集まり始めました。
参加者が増えてきたので、授業も安定してきています。
プチイベントも開催できるようになりました。

それもこれも、秋に市民活動団体に登録してからです。
あれから物事が一気に進展し始めました。
路頭に迷っていた私にきっかけを与えてくださった方、助けてくださった方に、感謝の念でいっぱいです。
本当にありがとうございました!

おかげさまで来年は<朗読ハウスもがも家>初の大きなイベントも出来そうで、今から楽しみです♪

この地味なブログを読んでくださった方も、どうもありがとうございました!
来年も精一杯頑張ります。
声優を目指す若い人、朗読を楽しみたい中高年の方たちが、下関でも夢を叶えたり楽しみを見出したりできるよう、これからもお手伝いを続けていきたいと思っています。
本当に地味なブログで申し訳ないのですが、引き続き愛読していただけたら幸せです。

みなさまに、ご多幸が訪れますように。



スポンサーサイト



Comment:0
2017
12.20

朗読教室の生徒さんデビュー!

Category: 朗読会
毎月やっている病院の朗読会。
12月は、クリスマススペシャルということで、教室の生徒さん3人に参加してもらい、『クリスマスツリーの12か月』という絵本を群読してもらいました。
1月から12月まで、出てくるのはクリスマスツリー農園やその周りに棲んでいる動物や昆虫たち。
その生き物たちのセリフを通して、アメリカの生物の生態や植生など、いろいろなことが分かる、とても興味深い絵本です。

そもそもアメリカにはクリスマスツリー農園なんてものがあるんですね!
この絵本によると、アメリカではリンゴ狩りや梨狩りのように、クリスマスツリー狩り?をするみたいです。
へえええー!日本人には新鮮な驚き。
勉強になります。

この絵本をぜひ紹介したいと思い、生徒さんたちに役を振り分け、自分が担当する生物の絵をオーナメントにしてもらいました。
アメリカコガラ、オジロジカ、キマダラコガネグモ、アカギツネ・・・。
うーん、なんてアメリカっぽいんでしょう(笑)!
これらのオーナメントをひとつひとつ、しゃべりながらクリスマスツリーに掛けてもらいます。
手前味噌ですが、我ながら良い演出だと思いました(笑)!
生徒さんたちも、とてものびのび生き生きとセリフをしゃべっていました。
少し前まで噛んだり読み間違えたりとボロボロだったのに、ちゃんと練習してきてくれていました。
この日はスラスラとなんと滑らかだったこと!
朗読ボランティアデビュー、大成功です!!

ただひとつ残念だったのは、お客さんが少なかったこと。
ここ最近は20人近く来ていたし、いつもより宣伝も多くしていたので、かなり期待していたんです。
ところが蓋を開けてみると意外なほど少なく・・・正直ガッカリです。
本当は、お客さんにオーナメントを持って帰ってもらったり、サプライズでもう1冊絵本を読もうかなんて考えていたのですが・・・。
とてもそんな雰囲気ではありませんでした。

参加してもらった生徒さんたちにもちょっと申し訳なかったです。
気合い十分だったので、もっと盛り上がったら良い思い出になったのですけど。
でもこればかりは仕方ないですね。
これに懲りず、また朗読会に参加してほしいです。
大人数だろうと少人数だろうと、わざわざ聞きに来てくださる人、喜んでくださる人が、そこにいるのですから。

今回も、帰りに「とても楽しかった」とお礼を言ってくださる患者さんがいらっしゃいました。
なんて嬉しいことでしょう。
はい、これからも頑張って続けていきます。
ぜひまた聞きにいらしてくださいね!



Comment:0
back-to-top