2017
11.28

ミトコンドリアのセリフ

Category: 仕事
というのをやってきました!
犬や猫などの動物とか、蝶やイモムシなどの昆虫とか、木や花などの植物とか、えんぴつや椅子などのモノとか、そういうものならまだ分かるんですが・・・。

ミトコンドリア初めてかな~(^o^;)!

う~ん、どう演じようか考えてしまいました。
これはやりがいがありますね!
声優冥利に尽きます。

パッと脳内に閃いたミトコンドリアの声のイメージ、つまり"直感"を信じてやってみたのですが、残念ながら却下。あわわ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
ディレクターやクライアントさんの要望を慎重に聞きながら、自分の脳内イメージと擦り合わせ微調整。
2回目には、OKをいただきました。ふぅ。

最初から向こうのイメージ通りのものを出すのって難しいです。
イメージって人それぞれですから。
もちろん、一発目からイメージ通りの演技が出来ればそれに越したことはありませんが、本当の腕の見せ所は、違う演技をしてくださいと言われた時に、すぐに違うものを見せられるかどうかです。
つまり、他の引き出しがあるかどうか。
1つの引き出ししかないと、それ以外のものを求められた時に困ってしまいます。
いかに引き出しをたくさん用意しているか、それが声優の実力だと思うんですよね。

実は私は想像力が貧困で・・・数えるほどしか引き出しがありません(//>ω<)
2種類目の声も却下されたらどうしようかと内心ドキドキでした☆
声優志望のみなさーん、普段から感性を磨き、研究を重ね、引き出しをいっぱい作っておきましょうね(笑)!

ちなみに、これは関西のとある施設の展示映像で使われるそうです。
幻想的な映像に、思わずミクロの世界に引き込まれます。
私のミトコンドリアの声も、誰かの耳に心地良く響いてくれればいいな~と願っています。



スポンサーサイト



Comment:0
2017
11.10

おはなし会

Category: お出かけ
知人が所属している読み聞かせグループのおはなし会を聴きにに行ってきました。
ここのメンバーのみなさんはすごいんですよ。
なにがすごいって・・・

暗記してるんです!

そう、本を持って「読む」のではなく、暗記したお話を「諳んじてる」んです。
もうびっくり。
こういうの、「朗読」ではなく「語り」と言うのだそうですね。

暗記してるとメリットがいっぱい。
特に大きなメリットはこの2点でしょうか。

①お客さんの顔が見られる(お客さんは話してる人の表情が見られる)
②表現豊かに語れる(字面を追わないので棒読みにならない)

唯一、デメリットを挙げるとすれば、ド忘れして焦ってしまう、次がスラスラと出てこなくて一瞬詰まってしまうことがある・・・ことでしょうか。
一瞬の「間」や「空白」は、それまでの流れを分断してしまうので、お話に集中していたお客さんの意識もそこで途切れてしまいます。
そうなるととても残念ですが(実際に何度かありました)、でもそれ以上にメリットの方がずっと大きいです!

暗記するには相当読み込まなければいけません。
それだけ読み込むことによって、その作品が「自分のもの」になるのです。
「自分のもの」になった作品は、いろんな工夫・操作をする余裕が生まれます。
どんな声で、どのぐらいのスピードで、どんな表現で・・・いろいろ考える楽しみ、「自分フィルター」を通してアウトプットする喜びがあります。
「読むだけで精いっぱい」を超えた「自分の世界」の構築が可能なのです。

う~ん、勉強になりました!
うちの教室は高齢者が多く、完全暗記は難しいかもしれないけど、暗記するぐらいを目指して頑張りたいです!



Comment:0
back-to-top