2019
08.11

増岡弘さん

Category: 思うこと
ベテラン声優の増岡弘さんが、『サザエさん』のマスオさん、『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさん役を降板したことが、つい最近大きな話題になりました。
私もネットニュースで知ってびっくり!

増岡弘さん、私の恩師なのです。
増岡さんの紹介で、増岡さんと同じ声優事務所に所属、20年以上在籍しました。
私はアニメにはあまりご縁がなかったので共演は叶いませんでしたが・・・。
アニメの収録はナレーションと違い、立ちっ放しなので、相当キツイと思います。
これまでのご活躍を振り返ると寂しいけれど、味噌作りや陶芸など多趣味な方なので、これから少しゆったり過ごされるのではないでしょうか。

増岡さん、お疲れ様でした!



スポンサーサイト



Comment:0
2019
05.31

連絡がないのが普通?

Category: 思うこと
「では、分かりましたらまたご連絡します」
―――――そう言われて電話を切って、かかってきた試しがありません。
待てど暮らせど連絡はなし。
今朝も、電話を待っていたのにお昼を過ぎてもかかって来ないからこちらから電話をしたら、
「あぁ~、○○さんですね。○日はどうでしょう?」
といきなり用件に。

ちょっと待って。
なぜ謝らない?

つい、
「あのー、昨日お電話したら、今朝折り返しお電話いただけるということだったので待ってたんですけど」
と語気も強めに言ってみました。そうしたらやっと、
「申し訳ありませんでした」
と気持ちのこもっていない謝罪の言葉がひとこと。
でも、なぜ連絡がなかったのか説明はなし。その後また日程の詰めに入りました。

忙しかったので・・・でもいいですよ、ちゃんと理由を言ってもらえませんか?
こちらがお世話になる立場だからこれ以上強くは出られなかったけど、たとえ向こうの立場が上だったとしても、連絡すると約束したからには連絡するのがマナーじゃないですか?
そして、もしこちらから電話をもらったのなら、謝るべきではないですか?

私がおかしい???

下関に帰って来てずっと感じてたのですが、こんなことがめちゃめちゃ多いです。
下関では連絡がないのがデフォルトなの?これが下関流?
私がまだ下関人になりきれていないのでしょうか。



Comment:0
2019
05.08

試練

Category: 思うこと
ここ数週間、家庭での不幸や人付き合いでのトラブルがあり、ブログを更新できませんでした。

う~ん、人生には試練が多いですね(T_T)!

自分を見つめ直したり、反省したり。
いつもしているつもりで、出来ていなかったです。
だから、この試練が与えられたのでしょう。
慢心しているとダメですね・・・。

もっと優しくしてあげれば良かった、という後悔。
思いやりが足りなかった、という後悔。
後悔でガチガチになっている自分。
なのに、怒りの感情も同時に湧き上がる。
苦手な人の苦手な部分は、多分自分も同じものを持っているから。
鏡のように自分の欠点を見せられているから反発するのです。きっと。

反省点は次に活かすこと。
乗り越える、ってそういうことですよね。
ああ~、自分に出来るかな。

頑張ろう!!



Comment:0
2019
02.06

「やれない」と「やらない」

Category: 思うこと
抽象的ではあるけれど。
なんとなく、分かってもらえるかな~と。

少し前に、ちょっと考えることがありました。

「やれない」と「やらない」は違いますよね。

「やれない」は、その能力が無い、あるいは足りないこと。
「やらない」は、能力はあるのに行動しないこと。

「やれない」ことはしょうがないです。
誰にでも出来ないことはあります。
出来ないのにやれとは言いません。
やれ、なんてそりゃ無茶ってモンです。

でも、「やらない」のはどうでしょう?
やらないのは何故?面倒臭いから?やるのを忘れてるから?それともやれないと思ってるから?

よく分かりません。
「やらない」ことで失ってることもあると思います。
チャンスとか、信頼とか。

やる、やらないを選択するのは本人の自由です。
やりたくないのだったら、やらないのもひとつの意志だし、それはそれで良いと思います。
でも、
「やってくださいね」
「分かりました、やっておきます」
と言っておいてやらないのは・・・?
やる気がないのだったら、「やります」とは言わない方が良いです。

伝わったでしょうか。
最近ちょっと思うことでした。


[m:76]
Comment:0
2018
12.30

マッチ売りの少女

Category: 思うこと
先日、テーマ朗読会について日記を書きましたが、追記です。

今月のテーマは『雪』。
それに合わせて、『マッチ売りの少女』を読んだ参加者がいらっしゃいました。
『マッチ売りの少女』、知らない人はいませんよね!
とてもとても有名な、悲しい話です。

が、これだけ有名な話ではあるけれど、もしかして今の子どもたちはマッチを知らないのでは!?という疑念が浮かびました。

この1年、マッチを擦った人、います!?
また、お子さんがマッチを擦っているところを見たという人は?
いや、そもそも、お家にマッチあります!?
今、火を点ける時に使うのは、ライターとかチャッカマン(笑)とか・・・ですよね。

大人もすっかりマッチを使う機会が減った現代。
マッチ売りの少女の悲しみが身近に感じられなくなる時代が来るのでしょうか・・・。



Comment:0
back-to-top