2020
04.19

助けてあげたい

Category: 日常
下関動物愛護管理センター譲渡制度登録団体のディ・アンクさん。
そのうち譲渡会で朗読とコラボしましょう、とお話をしていたのですが・・・。
下関もイベントなど自粛ムードが高まってきて、保留状態になっています。

そのディ・アンクさんが、繁殖犬13頭を保護したそうです。
写真を見る限り、どの子も高齢で状態が悪そうで心配です。
早く里親さんを見つけてあげたい・・・。
もし、里親になれなくても、友人知人に声をかけてもらえるだけでもありがたいです。
私たちも朗読という形で力になれればと思っています。
早くコロナ騒ぎが落ち着いて動けるようになりますように。
そしてこのワンちゃんたちが少しでも早く温かい家庭に迎えられ、残りの犬生を幸せに暮らせますように。
心より祈りながら、ここにリンクを貼らせていただきます。

【繁殖リタイア犬達の里親探しを始めます‼️】
https://ameblo.jp/diank/entry-12590651178.html

↑埋め込みにならないようです。お手数ですが、コピペするか、ディ・アンクで検索してみてください。


[m:79]
スポンサーサイト



Comment:0
2020
04.15

お籠り効果

Category: 日常
山口県の新型コロナ感染者が増えてきましたね。
下関は変わらずなんですが、他市でちらほら。微増ではありますが・・・。
基本的に、教室は様子を見ながら臨機応変に対応しているので、「絶対に休みません!」とか、「〇日までお休み!」とか、先のことまでまとめて決めてしまいません。
連絡は手間になりますが、直前にひとりひとりに直接、次の教室に参加するかどうか確認しています。
参加希望者が多ければそのまま開講、少なければ休講、です。
ちなみに今週はすべて休講です。
さて、来週はどうなるか。

危機感って人によって本当に違うんですよね。
自粛以前に早くから欠席を決め込んで、まったく出てくる気配のない人。
今もあちこち出歩いててまったく平気な人。
感染予防対策には十分留意しつつ、閉塞的な日常にならないよう、心の潤いは失わないよう、できる限りの努力はしたいと思います。

とりあえず、家に籠っている時間が増えたため、今はパソコンに向かってできることをしています。
確定申告も思ったより早く終わったし、下関市民活動センターに提出する報告書も完成!
お籠りしてると意外と捗りますね(笑)。



Comment:0
2020
04.04

まさかの再休館!

Category: 日常
なんと!図書館が再び休館になりました!
やっと4月1日に再開したばかりだったのに。
4月4日から5月11日までまた休館って・・・どういうことΣ(゚д゚|||)!?
開いてたの、たったの3日間!?
しかも、最初から3日間しか開けないということが分かっていればまだしも、4月3日になって突然「明日から休館です」って言われても!
しかもしかも、そのお知らせが図書館からなぜかうちの家族の者にはメールで来て、私には来なかったんですよ。
だから私はまったく知りませんでした!!この差は何(。Д゚; 三 ;゚Д゚)!?
家族からの情報により、慌てて昨日のうちに借りられるだけ借りてきました!
特に、読むのに時間がかかりそうな分厚くて重い長編を(笑)。
だって、5月11日まで、長いんですもん~~~。
1か月以上もあるじゃないですか・・・。
ああ~、次こそ、本当に、ちゃんと予定通り開館になりますように・・・。



Comment:0
2020
04.01

待ちに待った図書館が・・・

Category: 日常
やっと、図書館が開館しましたね~~~!
外出自粛で家に籠っている家族が、もう読む本が無くなって困っていました!
予約していた本がどっさり届いてるそうなので、今朝さっそく取りに行ってきましたよ。
私も、朗読の授業に使いたい本とか、いろいろ調べものをしたかったので、やっと図書館が開館して助かっています。
本当は、読みたい本は買えばいいのでしょうけど・・・。
作家さん、ゴメンナサイ!
図書館、やっぱり便利ですね f(^o^;)☆



Comment:0
2020
03.27

訃報

Category: 日常
増岡弘さんが亡くなりましたね。
昨日、ネットニュースで知ってびっくり!
今年、「年賀状は本状で最後とします」という年賀状をいただきました。
本当に最後になっちゃった・・・。
いつもは印刷だけの年賀状に、最後だからか、手書きの文章がひとこと添えられていました。

「その後 どうしてます?」

山口県に帰ってしまった私のこと、心配してくれてたんですね。
メールかお電話でもしてみようかな。
と思いつつ、ついついそのままになっていました。
連絡すれば良かった・・・。
今となってはもう、お話することは永遠に叶わなくなってしまいました。
増岡弘さん。東京時代の恩師です。
これまで大変お世話になり、感謝してもしきれません。
ありがとうございました。
どうぞ安らかにお眠りください。
心よりご冥福をお祈りいたします。



Comment:0
back-to-top